知っていて損はないOSの5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、Pankishです。

普段から使っているWindowsやMacですが、これってちゃんと説明できますか?意外になんのことかわからず、漠然とパソコンの種類としか思っていない人も多いのではないでしょうか。

今回は知っていても知らなくてもいいけど、知っていて損はないシリーズとして、OSについて書いていきます。

 

OSってなんぞや

OSというのはオペレーションシステムの略で、パソコンを動かす基本となるソフトウェアのことを言います。WindowsやMacが有名で、他にはLinuxやChrome OSもあります。

スマホやタブレットでもOSはありますね。AndroidやiOSがそうです。これがないとパソコンはユーザーからの命令をコマンドで打ち込まないといけません。

コマンドプロンプトというソフトを使ってことはありますか?通常ならあまり使わないソフトですが、昔はパソコンを動かすにはこんな画面で打ち込んでいました。

OSはコマンドで操作する代わりをするためのソフトです。アイコンなどで制御されているので誰でもフォルダを開いたりファイルをコピーできます。

ちなみにエクセルを開くという操作をコマンドプロンプトで行うと

C:\Program Files\Microsoft Office\Office\EXCEL.EXE

というようにします。毎回これを打ち込むとなるとめんどくさいですね。OSならアイコンクリックで一発です。WindowsやMacがパソコンの操作を簡単にしてくれたおかげで、パソコンが一般的に普及しました。

WindowsとMacの違いは?

では有名な2つのOSがどう違うのか、気になりますね。パソコンを購入する時に最初の選択肢となるのがこの2つでもあります。

おおまかなろころで言うと、あまり違いはありません。アイコンをクリックし、ソフトを起動するという操作は同じです。呼び方が違ったり(ExplorerとFinder)DVDの取り出し方が違ったりなど細かいことはあります。

両方使った感想で言うと、Macの方がわかりやすいですかね。設定変更もiPhoneの設定っぽいので、見た目で操作がわかります。

ただし、色々変更したりカスタマイズするならWindowsの方がいいです。扱えるソフトも多いですし、ユーザーが多いので情報も多いです。

結局は好きな方を使えばいいでしょう。

バージョンアップはした方がいいのか?

Windowsは最新は10です。前回は8で、なぜか次は10です。MacはmacOS Sierraですね。およそ1年から2年の間にはバージョンアップされることが多いです。

Windowsの場合、バージョンアップは有料で1万3千円くらいかかります。10は期間限定で無料でできましたね。Macの場合は1700円とかでできます。

Macの方がお得!と思ってしまいますが、Macは本体がWindowsよりも高額ですし、Mac以外で使えません。本体にOSの料金が含まれているイメージですね。

Windowsのバージョンアップですが、必要に迫られた場合すればいいでしょう。

・OSのサポート期間が終わった(XP VISTA)

・最新版でしか対応していないソフト、周辺機器がある

・再インストール時にディスクがない

OSのバージョンアップは場合によっては不具合が発生する原因にもなります。使っているソフトや周辺機器が対応していなかったり、最初はバグなども多いので、出てすぐバージョンアップすることはありません。

Macの場合はWindowsと同様ですが、価格が安いので、便利になるのならした方がいいでしょう。バージョンアップ可能になれば、色々な情報が出てきますので、様子を見てから行いましょう。

OSがおかしくなった!

長く使っていると、OSの調子が悪くなることがあります。OSの調子が悪いとは

・起動や動作が遅い

・フリーズする

・突然シャットダウンする

などがあります。最悪の場合、パソコンが起動しなくなるのでこれらの症状が出れば要注意です。

OSが原因ならシステムの回復か再インストールで治る可能性がありますが、ハードディスクやマザーボードの故障など機器に不具合がある場合は再インストールしても治りません。その場合はパーツ交換か新たに購入となります。

再インストール

OSがおかしくなった場合、再インストールして初期状態に戻すという方法を取ることがあります。

再インストールするとデータは全て消えます。ソフトのインストールもやり直しです。ただし、ハードディスクが2基あり、OSが入っているディスクとデータ保存を分けている場合はOSが入っていないディスクのデータは残ります。

Windows10ではユーザーデータを残して再インストールも可能になりました。再インストールは最後の手段です。バックアップは普段からしておくほうがいいでしょう。

再インストールすればOSは新品となりますので、OSはの不具合は全て解消されます。それでも調子が悪いなら物理的な故障が原因です。

また、新しいパソコンを購入する場合、今使っているOSのライセンスは継続して使用できます。OSのインストールされていないモデルを買い、OSのインストールデータがあれば使えます。

まとめ

OSはパソコンを使う上では避けて通れないソフトです。少しでも知識があれば、エラーに対処できる可能性があります。自分でできる範囲でカスタマイズできる楽しさもあります。

それでは、本日の教訓は

オススメパソコン

タブレットとしてもノートパソコンとしても使えるので便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*